廃墟好きが行く!明治時代の砲台遺構・横須賀市 千代ヶ崎

こんにちは、BONDs編集部のみつぼりです。

第二海堡のトライアルツアーに参加した廃墟好きの私ですが、ツアーを通じて他の砲台跡にも興味を持ちました。

前回は横須賀市の観音崎に行ってきましたが、今回は観音崎のツアーでガイドさんにおすすめいただいた、千代ヶ崎についてご紹介します。

千代ヶ崎も観音崎と同じ横須賀市で、海堡と観音崎との位置はこんな感じです。

東京湾要塞概念図
東京湾要塞概念図

千代ヶ崎砲台跡

観音崎は個々で造られた砲台が点在していましたが、千代ヶ崎はひとつの要塞として造られています。そのため、写真の見映えもかなりいいです!特に、地上から見る砲台跡と、地下の倉庫や弾薬庫などの掩蔽部(えんぺいぶ)では景色が全然違います。また写真も撮りまくってきたので、ご覧ください。

 

まず、簡単に千代ヶ崎砲台の歴史をご説明します。

東京湾要塞のひとつとして、千代ヶ崎砲台は明治25(1882)年着工、明治28(1885)年に竣工しました。

砲台は関東大震災以降も残り、終戦まであったようです。

戦後は海上自衛隊が使用しており、ずっと一般の人は入れない状態となっていました。その時に大きな砲座の穴は埋められましたが、軍事遺跡としては日本で初めて国史跡に指定された2015年から発掘されました。現在は地上から3つの大きな砲座を見ることができます。

全体的に完成度が高く、遺構がきれいに遺っているので、いろいろ調査中だそうです。

 

通常は立ち入り禁止となっており、見学会などでしか入れませんのでご注意ください。また、遺構の一部は観光農園の敷地にもなっていますので、自由行動も控えてくださいね。

 

それでは、ツアーで見た千代ヶ崎砲台跡をご紹介します!

 

史跡東京湾要塞跡(配布パンフレット)より
史跡東京湾要塞跡(配布パンフレット)より

・柵門

まず、現地へは京急線「浦賀」駅か、「京急久里浜」駅からバスで行きます。最寄りのバス停を降りると……心が挫けそうになるほどの旧軍道の坂道が待っています……。必死に登り終えると、石に囲まれた門が見えました。

見学会の日は門が開いていますが、普段は施錠されています。

門をくぐった正面に堀井戸がありました。水道設備が整っていなかったので、雨水を利用して生活用水にしていたようです。

井戸の周りは高い土塁になっていて、敵が入ってきても敷地が見渡せないようになっています。

土塁に囲まれたゆるいカーブの道だけでも、要塞感があります!

 

・上から見た砲座

見学ルートは、地上から砲座→地下の掩蔽部と、地下の掩蔽部→地上から砲座の2班に分かれての見学でした。

私は地下→地上ルートでしたが、全体が分かるように地上からご紹介します。

 

柵門から少し坂を上るとすぐに見えました。巨大な穴!!

砲座も大きいですが、そこからさらに地上に向けて広がっているため、足を滑らせると大変なことになりそうです……。人の大きさは、だいたい砲座のブロック塀より少し低い程度です。

この巨大な穴が縦並びで3つもあります。

円状の台座に大砲が設置されていました。大砲は榴弾砲(りゅうだんほう)という、上空に向かって撃ち、戦艦の上部(甲板)を攻撃するものでした。敵から砲台の位置が分からないよう、こんなに深く砲座が掘られています。

縦に3つ並んでいるため、当時は砲座間を行き来するための通路もありましたが、現在は塞がれています。

 

・観測所

榴弾砲は敵から砲台が見えないように設置されていた、と書きましたが、同様に操縦者からも見えないため、自分で狙って撃つことができません。そのため、敵の位置を確認し、どの方向にどれだけの距離で撃てばいいか観測し、計算するための施設がありました。それが観測所です。

コンクリートが丸くくり抜かれてた上部に、元は鉄製の屋根がついていたようです。ですが、戦後の物資不足により鉄が盗まれてしまい、明治時代の要塞からも鉄などの金属がなくなってしまいました。現在屋根まで残っている観測所は、長崎県の佐世保要塞 丸出山観測所跡ぐらいだそうです。

広さもあまりなく、屋根も低そうなので、あまり居心地はよくなさそうです……。中央の台座の上に、測遠機があったようです。

中心あたりの床に、丸い穴が空いています。こちらは伝声管といって、計算の結果や情報を砲台や地下の付属室へ声で伝えていました。

試しに穴からしゃべってみましたが、離れた場所でもちゃんとお互いに声が聞こえました!

今は穴が空いているだけですが、当時は話しやすいように管があったと考えられています。

 

地下にある付属室の中は、いい感じに瓦礫があり、廃虚感が凄まじかったです!天井に伝声管の穴がありました。先ほどの観測所とつながっています。

佐世保要塞 丸出山観測所跡 ながさき旅ネットより


露天塁道と隧道

続いて、地下部分をご紹介していきます。

柵門から、ゆるくカーブした道を進むと石とレンガのアーチが見えてきます。どうですか、この別世界な風景!街灯や照明もない、絶妙な廃墟感です……!

ちなみに、通路の両脇は水路となっていて、生活用水と排水用で分かれていたそうです。この仕組みは他の要塞では見られないため、建築技術が進歩していたと考えられています。

塁道を進むと、倉庫や井戸がありました。


・弾薬庫

弾薬庫は塁道から奥まったところにありました。

弾薬庫への通路は広くなく、真っ暗なため、探検してる感がすごかったです!一人だとビビって腰抜かします!

場所は砲座をつなぐ通路の真下です。観音崎と同じように、地下の弾薬庫から揚弾井(ようだんせい)を使って地上へ砲弾を引き揚げます。揚弾井はひとつの弾薬庫に2つありました。

砲台に続く階段を上ると、地上の引き揚げ口があります。

 

・下から見た砲座

弾薬庫から階段を上り、地上へ行きます。揚弾井までは真っ暗ですが、砲座は天井がないため急に明るくなります。

先ほど上からご紹介した砲座は、その場から見てもやっぱり大きかったです!

ブロック塀が2m前後なので、どれぐらいの深さか分かりますでしょうか!

壁の周りのくぼみは、砲弾を置いておく弾室です。職員の方が、当時の砲弾の大きさが分かるようにスケールを置いてくれました。外側はケースで、中身が砲弾です。

弾室の角に、観測所でご紹介した伝声管もありました。

砲座から地上へは、階段があります。当時はブロック塀まで別の階段が設置されていたようです。

こぼれ写真

ここからは、本文で紹介しきれなかった写真をご紹介します。

感想まとめ

以上が千代ヶ崎砲台跡のご紹介でした!

本当は大正時代に造られた「砲塔砲台跡」も見学ができたのですが、お隣の観光農園さんの都合で見学ができませんでした……。また見学機会がありましたらリベンジしてみたいと思います!

第二海堡、猿島、観音崎と見てきましたが、要塞として計画に造られていて迫力も段違いでした。

こんな場所があるんだ、と少しでも知っていただくきっかけになれば嬉しいです。

 

見学会は横須賀市が開催していますので、気になった方はホームページをチェックしてみてください!

 

みつぼり