最近よく聞く、仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンって、いったい何なの?(後編)

こんにちは、BONDs編集部で、Webユニットの小畑です。

前回から、仮想通貨・ビットコインなどの最近よく聞くWeb上のお金について説明しています。今回は後編として、ブロックチェーンになります。興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

「ブロックチェーン」は仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として発明された概念

前回まで、仮想通貨・ビットコインについて詳しく説明してきました。仮想通貨は、世の中のグローバル化に伴い、いろいろなメリットを持つインターネット上に存在する電子的な通貨として生み出されました。その仮想通貨・ビットコインを成立させるための基幹技術として同時に発明された概念が「ブロックチェーン」です。なので、ブロックチェーンの説明を伝わり易くするためにも、前回は仮想通貨を詳しく説明した次第です。

ブロックチェーンを簡単に説明してみよう

凄く簡単に言うと、ブロックチェーンとは、世の中に存在する「ビットコインの取引履歴」の情報をブロック単位で保存し、そのブロックを鎖状につなげて保存していくデータベースのことです。

ブロックチェーンの凄さ

ブロックチェーンは分散して管理されるのが特徴で、ビットコインを利用しているあらゆるユーザのコンピューターに保存されます。そのため、システム障害に強く、銀行のような特定の管理機関がなく権限が一箇所に集中しないので、低コストで金融サービスが運用できると期待されています。

 

1.なぜシステム障害に強いと言えるのか

もし、この分散型システムが機能しなくなるとしたら、地球全体を壊滅させるほどの隕石が宇宙から降ってくるとか、全世界の機器が同時に破壊されてしまうレベルの災害が起きる必要があります。というもの、データを保持する全てのパソコンを壊さない限り、ブロックチェーンは復活することができるからです。もちろん、自然災害だけではなく、ハッキングなどの人為的なサイバー攻撃にも耐えられます。ブロックチェーンでは複数のデータベースでデータ管理されているので、一つのデータベースが改ざんされても、その改ざんを他のデータベースで直ぐに発見することができます。例え一つのデータベースが壊れても、他のデータベースから復元も可能です。

 

2.権限が一箇所に集中しない意味

ブロックチェーンではない今までのモデルだと、銀行のような特定の管理機関が中央集権として絶対的な力を持っている状態と言えます。つまり、これら管理機関が「この取引は正しい。」と言えば、それが正解になってしまうという状態ですが、ブロックチェーンでは世界中に散らばっている全取引履歴のデータをみんながシステムで監視し合っているため、特定の管理機関による不正も防止することが可能です。

ブロックチェーン技術が実現する未来

金融サービスの低コスト化

現在、世界中の大手銀行が、ブロックチェーンの技術を研究し、導入を検討しています。ブロックチェーンは仮想通貨の世界の技術であり、実際に目に見える通貨を扱っている銀行には関係ないのではと思われた方もいるかもしれません。ではなぜ研究中かというと、巨額のコスト削減を期待できる可能性があるからです。ブロックチェーンは中央コンピューターが不要な分散型システムのため、銀行は巨費を投じてハードウェア・メーカーからコンピューターを購入せずに済み、大幅にコストを削減できる可能性があるのです。そうなれば、既存の金融サービスも低コストに繋がる可能性もありますよね。

仮想通貨の世界で運用されているブロックチェーン技術を、通貨以外の世界でも応用し始めたら、いろいろな世界の仲介業者が不要になるのではと指摘されています。

 

<ケース①>証券会社

例えば、日本株の購入は、現在は証券会社を通して証券取引所で購入し、株の保管・管理は証券保管振替機構を通して行われていますが、もしブロックチェーンを使えば、証券保管振替機構を通さなくても株の保管・管理を自分自身で行うことが可能になります。

 

<ケース②>ドメイン管理機関

インターネットのドメインの購入は、現在はICANNという第三者機関を通して行われますが、これもブロックチェーンを使えば、ドメインの所有権の管理は第三者機関を通さずに行うことが可能になります。

 

<ケース③>その他

不動産や車などの所有権も、ブロックチェーンを使えば第三者機関を通さなくてもよくなりますし、投票結果をブロックチェーン上に残すようにすれば、不正ができない国民投票のシステムを作ることも可能でしょう。

まとめ

このように、いろいろな世界の仲介業者を無くすことができるばかりか、不正ができないシステム構築など、ブロックチェーンの可能性は無限に広がっています。最近、よく聞くようになった「フィンテック」。これは、「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語で、つまり、ITを活用した金融サービスの事ですが、非常に注目を集めています。実際に、「モバイル(スマートフォン)決済」や「クラウドファンディング」などこの何年間で発生し普及した新しい金融の仕組みが世の中を変えています。このように金融業界のIT化は、私たちの生活を根本から変える技術革命と言えるかもしれません。これからのブロックチェーン技術の発展に期待です。

 

小畑

前回の記事はコチラ