【あなたのマナーは大丈夫!?】結婚式~スピーチ編~

結婚式 スピーチ

こんにちは。BONDs編集部のながたです。
過ごしやすくなってきたこの時期は、結婚式シーズンの真っ只中!もしかしたら結婚式に招待されている人もいるのではないでしょうか?中には、主賓や乾杯の挨拶、友人スピーチを頼まれている人もいるかもしれませんね。
そこで今回は、結婚式のスピーチのマナーを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スピーチ内容の構成

まずはスピーチの基本となる構成について紹介します。
ベースとなるのは次の5点。

①お祝いの言葉
新郎新婦、ゲスト(両家の親族)に向けて、祝意を表しましょう。
(例)「○○くん、○○さん、本日は誠におめでとうございます。また、両家のご親族ならびにご臨席の皆様にも心よりお祝いを申し上げます。」

②自己紹介
自分の名前と新郎新婦との間柄を伝えましょう。
(例)「ただいま紹介にあずかりました、新郎の勤務先上司の○○と申します。」

③新郎新婦とのエピソード
新郎新婦の人柄や自分にしか話せないエピソードを盛り込むとよいでしょう。
(例)「新郎○○くんとは、彼が新入社員からの付き合いで~。○○くんは社内でも中心的な役割を担い~。」

④はなむけの言葉
新生活へのアドバイスや励ましの言葉を贈りましょう。
(例)「おふたりで手を取り合い、幸せな家庭を築いていってください。」

⑤結びの言葉
スピーチを締めくくりましょう。
(例)「○○くん、○○さん、本日は誠におめでとうございます。」

スピーチの長さとふるまい

続いて、スピーチの長さやふるまいについて紹介します。

①スピーチの長さ
結婚式のスピーチにおける時間の基本は3分。
主賓挨拶は3~5分、乾杯挨拶は1分、友人スピーチは2~3分が目安です。

「えっ、短いんじゃない?」と思った人もいるかもしれませんが、実際に聞くと意外と長いんです。たまに5分以上話している人を見かけますが、ゲストを見ていると、飽きてしまい途中から話を聞いていなかったり、疲れてしまっていたり…。

せっかく一生懸命考えたスピーチ。新郎新婦やゲストから「素敵なスピーチだったね」と言われるよう、時間は意識しましょう。

②姿勢
堂々と背筋を伸ばして立ちましょう。
司会者に紹介されてから、ゲストはあなたに注目しています。話している時はもちろんですが、スピーチが終わって着席するまで気を抜かないよう気を付けましょう。
たまに照れ隠しで、ついついおちゃらけてしまう人もいますが、結婚式はお祝いの場です。堂々と丁寧な動きでかっこよくキメましょう。

③声の出し方
スピーチは「ゆっくり、はっきり」と話しましょう。
緊張から声が小さくなったり、早口になってしまいがちですが、まずは話し始める前に一呼吸。そして、「少し遅いかな?」と思うぐらいのスピードで話すと、とても聞きやすく、落ち着いて見えます。

また、いつもより1トーン明るい声と笑顔で話すと、よりお祝いの気持ちが伝わります。
当日緊張しない為にも、必ず練習して本番を迎えましょう。

ふさわしくない言葉と話題

結婚式はお祝いの場。縁起の悪い言葉や話題があるので、しっかり理解しておくことが大切です。うっかり言ってしまい、結婚式を台無しにしないように気を付けましょう。できあがったスピーチの原稿は必ず見直してくださいね。

①忌み言葉と重ね言葉
・忌み言葉とは…不幸や別れを連想させる言葉です。

終わる(終える)、切る(切れる)、散る、忙しい、冷める、飽きる、最後に、離れる、別れる、流れる、戻る、消す、割る(割れる)、薄い…など

 

・重ね言葉とは…同じ言葉を繰り返す言葉です。(※「結婚を繰り返す=再婚」を連想させるため)

ますます、いろいろ、しばしば、くれぐれも、わざわざ、たまたま、いよいよ、みるみる、どんどん、皆々様、度々、重ね重ね、様々…など

 

こうやって見てみると普段使っているものもあるので、注意してくださいね。もし、「どうしても使いたい…」という場合には、違う言葉に言い換えて使いましょう。
ちなみに、よく言い換えられる言葉はこんな感じです。

結婚式スピーチ 言い換え

②新郎新婦の暴露話
暴露話は新郎新婦だけではなく、他のゲストも不快に感じることがあるので避けましょう。
特に気を付けたいのは次の3つ!

(1)新郎新婦の過去の恋愛話や異性関係
(例)「新婦は当時○○さんと付き合っていて~」
また、ふたりの話題であっても、「ふたりの出会いは合コンで~」といった内容もNGです。

(2)新郎新婦の失敗談
 (例)「新郎は酔っぱらうと手が付けられなくて、警察沙汰になったことも~」
ギャンブルやお酒の失敗談は新郎新婦だけではなく、両家の親族が不安に感じてしまうことも…。また、浪人や仕事の失敗談は本人が気にしている場合もあるのでやめましょう。

(3)子供の話
 (例)「結婚、そして妊娠おめでとう!」
最近はおめでた婚も増えてきています。新郎新婦によっては、まだゲストに内緒にしている場合もあるので、言わない方が無難でしょう。
また、「結婚後は子供を作り~」などと言う人も見かけますが、子供を作らないと決めていたり、不妊治療をしている新郎新婦もいます。デリケートな話題なので、触れない方がよいでしょう。

③会社の宣伝
 (例)「わが社は創業○○年、業績も~」
新郎新婦がどんな会社に勤め、どんな仕事をしているのかを伝えるのはOK。しかし、あくまで新郎新婦の良さとお祝いの気持ちを伝える場です。宣伝にならいないように気を付けましょう。
また、仕事内容を伝えるときなどは、専門用語は使わず、ゲスト全員が分かる言葉を使うことも大切です。

④下ネタ
友人スピーチなどで、場を盛り上げようと下ネタを話す人がいますが、結婚式はフォーマルな場です。友達同士の飲み会ではないので、下ネタはNG。
盛り上げるつもりが、冷めた雰囲気になるのでやめましょう。

⑤自分の自慢話
 (例)「○○ちゃん、結婚おめでとう!実は私も今度結婚することになって~」
結婚式の主役は新郎新婦。ふたりの話をしていたはずが、いつの間にか自分の自慢話に切り替わっている…なんてことも。自己紹介は必要ですが、自慢話にならないように気を付けましょう。

⑥政治・宗教的な話
結婚式には様々な立場や考え方の人が出席しています。個人の価値観に大きく関わるデリケートな話題なので、触れないようにしましょう。

どんな事を話すのか、新郎新婦に事前に確認したほうがよいでしょう。ただ、全ての内容を伝えてしまうと当日の楽しみがなくなってしまうので、ざっくりした内容で構いません。
また、可能であれば、友人など誰かにスピーチ原稿を確認してもらいましょう。

流れをイメージしよう

スピーチ原稿が完成したら、練習する人は多いと思います。ただ、さきほど紹介したとおり、ゲストはあなたが席を立つところから注目しています。そこで、お辞儀のタイミングや注意したいポイントをまとめたので、イメージしてみてくださいね。

(司会者)「それでは○○様、よろしくお願いいたします。」

 ↓
座ったまま、同じテーブルのゲストに軽く一礼。
 ↓
(式場スタッフが椅子を引いてくれるので)その場で起立し、ゲストにゆっくり一礼。
 ↓
姿勢よくゆっくり歩き、マイクの前に立つ。
 ↓
(スタッフがマイクの高さを調整してくれるので)その場で姿勢よく待つ。
 ↓
新郎新婦に向かって一礼、その後ゲストに向かって一礼。
そしてマイクに一歩近づく。
 ※一礼の前にマイクに近づいてしまうと、マイクに頭をぶつけてしまう可能性があるので注意。
 ※話し始める前にマイクをポンポン叩くと故障の原因になるのでNG。また、「あ~、あ~」と声を出すのも見苦しいのでNG。
 ↓
(スピーチスタート)明るく、はっきり、そしてゆっくり話しましょう。
「○○くん、○○さん、本日はおめでとうございます」→ふたりに一礼。
「ご両家の皆様~お祝い申し上げます」→ゲストに一礼。
 ↓   
(お祝いの言葉を述べたら)新郎新婦&ご両親に着席を促す。
(例)「新郎新婦、どうぞご着席ください。ご両親もどうぞお掛けください」
 ※主賓、乾杯の挨拶時は、新郎新婦&ご両親は立っていることが多いです。
 ↓
(スピーチ中)正面を向くだけでなく、全体を見渡しながら話すとGOOD!
また、時々新郎新婦の方を向いて話しかけるとよりスマートです。
 ↓
(スピーチ後)マイクから一歩下がってゲストに一礼、その後新郎新婦に一礼。
 ※この後、マイクを通さずに新郎新婦に「おめでとう」など一声かけると温かみを感じます。

自分の席に進み、着席時に同じテーブルのゲストに一礼。

いかがですか?イメージはできましたか?

ここで、私がウェディングプランナーとして働いていたときに、プロの司会者さんから教えてもらったアドバイスを紹介します。


「人というのは、不思議と言われた通りに動いてしまうもの」らしいです。
なので、乾杯の時に「グラスをお持ちになり、ご起立ください。」ではなく、「ご起立いただき、グラスをお持ちください。」の方がゲストには優しいとのこと。

たしかに、ご年配の方やヒールの高い靴を履いたゲストは立つときにふらつくこともありますよね。小さなことかもしれませんが、こういった心遣いができると素敵だなと思います。

結婚式はそんな頻繁にあるものではありません。ましてやスピーチをするというのはその中でも数回という人が多いのではないでしょうか。
何人もいるゲストの中から新郎新婦が選んだ「ゲスト代表」として、新郎新婦はもちろん、ゲストみんなが幸せになれるスピーチをしてくださいね。

ながた