最近よく聞く、仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンって、いったい何なの?(前編)

こんにちは、BONDs編集部で、Webユニットの小畑です。
仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン、家族や知り合いに聞かれたとき、上手く説明できそうですか?
今回のWeb知識は、そんな最近よく聞くWeb上のお金についての話です。

そもそも、仮想通貨って、いったい何なの?

仮想通貨とは、インターネット上に存在する電子的な通貨です。通常のお金と違って、紙幣や貨幣など目に見える形では存在しないため「仮想通貨」と呼ばれています。
この説明を聞くと「つまり、電子マネーのようなもの?」という思われた方もいるかもしれませんが、仮想通貨と電子マネーは根本的に違います。

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨と電子マネーの違いを説明している書籍やサイトなどがありますが、いろいろ見た中で、私が個人的にしっくりきた決定的な違いの内容を説明します。

 

1.電子マネーは「日本円」。仮想通貨は「外貨」。

電子マネーを使用するためには、まず事前にカードへチャージ(入金)する必要があります。チャージすることで入金した額を使用することができるので、わざわざ財布からお金を出す必要がないというのが電子マネーの仕組みです。例えば、「Suica(スイカ)」にチャージすると、発行企業であるJR東日本の財布に預けるイメージです。このSuicaのICカードを読み取り機にタッチするだけで、改札を通過できたり、コンビニで買いものができたり、自動販売機で飲み物が買えたりします。つまり、日本円をチャージし日本円として支払するから電子マネーは日本円となります。海外では使えないので注意してください。対して仮想通貨は、全世界で取引されていますので外貨になります。

 

2.仮想通貨には物理的なカードは存在しない。

先ほどの説明の通り、Suicaなどの電子マネーには、使用するためにICチップを搭載したカードがありますが、仮想通貨は、受け取り・保管するための専用のアプリが必要なだけで物理的なカードなどは存在しません。

 

3. 電子マネーは価格が固定されているが、仮想通貨は価格が変動する。

例えばSuicaに1,000円分をチャージすれば1,000円分の乗車が可能になります。これは円安でも円高でも電車賃1,000円分というのは変わりません。Suicaでは「1円分のチャージ=1円分の乗車」と価格が決められているからです。対して仮想通貨はその価値を認め合った人たちの間で取引所で売買されるため需要と共有のバランスで価値が上下し価格が変動します。仮想通貨は自国の通貨の価値が下がっている時も影響を受けないので、急激に円の価値が落ちることがあっても仮想通貨を持っていれば、影響を受けることなく通貨を使うことができるとも言えます。

 

4. 電子マネーは発行元・管理人が明確に存在するが、仮想通貨には存在しない。

発行元が存在しないと不安に思われるかもしれませんが、逆に言うと電子マネーでは、発行元の企業の信用力に依存すると言えますので、もし発行元が破綻すると価値がなくなってしまうという信用リスクが存在します。対して仮想通貨は、プログラムに沿って発行され、運営はシステムによる暗号化技術により取引履歴(台帳)の管理が徹底されているという信用によって、使用可能であることが保証されています。

 

5. 電子マネーは個人間のやりとりができないが、仮想通貨はできる。

電子マネーは読み取り機の設置された場所でしか使うことができませんし、人にあげたり人からもらったりという仕組みはありません。対して仮想通貨は相手のアドレスさえ分かれば、送金したり受け取ったりすることができますし、送金の手数料がほとんど無料です。なぜなら、仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。通常、海外へ送金するときは、送金手数料・為替手数料・受取手数料といった手数料や送金するための手続きで手間がかかります。この手数料はかなり高額なため、例えば出稼ぎで海外から仕送りする場合など負担が大きいという問題がありますが、仮想通貨はこのような高額な手数料はなく世界のどこへでも一律に数円ほどで送金することができます。送金をする時間もおよそ十数分で完了します。

仮想通貨の種類

2016年5月に仮想通貨の購入や利用に興味がある20代~60代の男女300人に行われた調査によると、購入や利用に興味・関心がある仮想通貨では、「ビットコイン」87.3%で圧倒的な1位でした。
それ以外では以下のグラフのような知名度となっていますが、「ホリエモンカード」の8.0%をはじめ、モナーコイン、エターナルコインなどの和製コインもなかなか健闘していると言えるかもしれません。

 

<購入や利用に興味・関心がある仮想通貨をすべてお選びください。(複数回答)【n=300】>

仮想通貨の購入のメリット

Suicaなど、みなさんにとって馴染みの深い電子マネーとは異なる仮想通貨。その仮想通貨を購入するメリットって、具体的には何があるんでしょうか?

1.送金が早くて安い。

日本に住んでいる私たちには実感があまりないかもしれませんが、海外では銀行の送金手数料は非常に高く時間もかなり掛かるそうです。例えばアメリカでは、国内の送金であっても数千円の手数料になることもあり、時間も5日以上掛かることもあるそうです。このような不便さを解消するものとして仮想通貨は、数円の手数料で世界中の誰でも24時間365日、十数分の時間で送金できる発明と言ってもいいかもしれません。

 

2.資産の分散投資に活用できる。

例えば、日本円やドルなどの通貨は管理している国の裁量で無限に発行することができますので、それによってハイパーインフレになる可能性もあります。そのようなリスクを考慮して発行量があらかじめ決まっている仮想通過に一部の試算を分散投資するという活用方法が考えられます。

 

3.投資対象として儲ける可能性がある。

仮想通貨は本来の決済手段としてだけでなく、投資の対象として注目されています。なぜなら、何十倍にも価値が高騰している仮想通貨の銘柄もあるからです。例えば「ビットコイン」は、2010年から2017年現在で、その価値は約30万倍です。もし2010年に10,000BTC(日本円で約2,500円)を購入していた場合、現在は9億円です。

仮想通貨の購入のデメリット

1.投資としてはハイリスク。

仮想通貨は値動きが激しいため、投資として考えるとハイリスクハイリターン。つまり、値下がり時の損が大きい投資対象です。

 

2.自身が引き起こすリスク。

例えば株式投資では証券会社にお金を預けて株式を購入し、購入した株式は自身の手元に置きません。対して仮想通貨は自分の手元、「ウォレット(wallet)」と呼ばれるプログラムを自分のパソコンやスマホにインストールし、そこで仮想通貨を保管しています。つまり、パソコンやスマホが壊れたり、パスワードを忘れたり、ウィルスに感染してデータが無くなったり、自分が引き起こす事により仮想通貨を失ってしまうリスクがあります。

 

3.取引所がハッキングされるリスク。

仮想通貨を取引所に預けっぱなしにしていると、取引所がサイバー攻撃を受けて盗まれる可能性があります。記憶に新しいところでは、2014年に「マウントゴックス」という取引所がサイバー攻撃により、当時の換算では約500億円相当のビットコインが消失し経営破綻しています。

消失というと、みんなの前から姿を消していた陸はどうなっている?

≪恋愛小説の続き≫ 今回は、第10章「完結編」です。
<第1節>
同窓会を途中で退席した果穂は、陸の自宅の前に来ていた。呼び鈴を鳴らす果穂、扉を開く陸。呼び鈴の相手が果穂と思ってなかった陸は驚き、言葉が出ない。果穂もまた、いろいろな感情が交錯し、上手く言葉が出てこない。どれくらいの沈黙が続いたのか、ようやく果穂は口にする。「陸じゃなきゃ駄目なの。」

<第2節>
果穂の両親は意外にも、陸との婚約を喜んでいるようだった。特に父は、さすが娘と誇りに思う言葉ですらあった。これから色々な試練が待っているかもしれない。だけどそんなことは意に介せず、相手を色眼鏡で見ず、本質を見極めて決断をした娘に育てた事が素直に嬉しい、そんな様子だった。<完>

まとめ

どうでしょうか?「仮想通貨、買ってみようかなぁ。」と思われたでしょうか。もし購入をご検討の場合、マイニング(採掘)、取引所で交換、販売所での交換(店頭取引)などの入手方法がありますが、どれも簡単そうなので調べてみてくださいね。
仮想通貨はグローバル化に伴って、徐々に世界中で普及していくと思います。そのうちしっかりと法整備され、セキュリティ面も安心な通貨として、みなさんが当たり前に使っている日も、そんなに遠くはないかもしれません。これからも仮想通貨の動向から目が離せません。次回の後編では、仮想通貨を支える技術のブロックチェーンなどに絡んだ内容を考えています。興味を持って頂いた方は、ぜひ後編もご覧頂けますと幸いです。また、今まで私の拙い小説をご覧頂いていた方、有難うございました!

小畑

次回の記事はコチラ