【この日、なんの日?】3月21日

3/21は「ランドセル」の日

こんにちは、BONDs編集部のいがらしです。

 

最近、外国人観光客の間で、意外な物がお土産として流行っているのをご存じですか?

きっと、え?これが?と思う物だと思います。

それは、多くの人が、小学生時代6年間お世話になったであろう、“ランドセル”

中国や台湾からの旅行者が最大の購買層であり、孫や子供へのお土産にというのが大半だそうですが、ほかの国の旅行者にも広がりをみせ話題になっているらしいのです。

しかも、“大人”“ファッションアイテム”として人気だというのが驚きです。

 

改めて思うと、ランドセルってすごいですよね。

ほぼ週に5日、6年間使用しても型くずれせず、安心して使える。

高学年になると、あまりにランドセルが綺麗なままな事がちょっと恥ずかしくなり、無理に潰したり汚したり…といった経験も懐かしい想い出としてあるのでは?

3/21は「ランドセル」の日

そんな想い出の詰まったランドセルを、卒業後、手のひらサイズのミニランドセルにリメイクするといったサービスも人気があります。

今では全国20件あまりのお店で制作をしてくれる様ですが、その元祖と言われる工房が「スキップ」です。

こちらの店主、増田利正さんが、3/21を『ランドセルの日』にしようと提唱されました。

3/21が、3+2+1=6で小学校の修業年数の6になることから、6年間ありがとうというランドセルへの感謝の気持を込めたそうです。

 

そもそも「ランドセル」とは、江戸時代(幕末)に、幕府が洋式軍隊制度を導入する際、持ち物を収納するために、オランダからもたらされた布製の背嚢(はいのう)<ナップザック>を利用したのが発祥とされ、またそのネーミングは、オランダ語呼称「 ransel(ランセル)」がなまって「ランドセル」となったそうです。

 

通学かばんとしてのランドセルの利用は、学習院の初等科が起源と言われています。

学用品を入れ生徒が自分で持ち登校するために導入されましたが、当初はまさに軍隊で使用されていた布製の背嚢(はいのう)に近いものでした。

明治20年(1887)、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)が学習院に入学したのを記念に、伊藤博文が革製で箱型のランドセルを献上、これが今のランドセルの原型となり、一般に浸透していったとされています。

戦前、皮製ランドセルは贅沢な高級品だった事から、地方や一般庶民の間では風呂敷や安価な布製ショルダーバッグが主に用いられていましたが、高度成長期を迎えた昭和30年代以降、全国に普及し始めました。

 

平成12年(2000年)以降は、ほとんど黒・赤だった色は多様化し、12色、24色といった具合にカラーバリエーションも豊富になり、デザインの面でも刺繍やステッチが入るなどお洒落に変化しています。

 

近年は、単一カラーよりもコンビカラーの人気が高く、女の子にはチョコ×ピンク、ピンク×ラベンダーなど、男の子には、黒×ブルーや黒×赤系のコンビカラーが好まれている様です。

また、工房系オーダーメイドのランドセルも人気があり、素材によっては20万円を超える高級ランドセルであっても品質に惚れ込みオーダーする人が増えている様です。

手ぶらで登校!?

では、海外では通学の際にどんなかばんを使用しているのでしょうか。

 

 

イギリスやノルウェーなどは、日本のランドセルと同じように背負って使うスタイルの通学かばんが主流ですが、リュックサックに近い形で、素材は皮革、ビニール、プラスチックなど様々。サイズはやや小さめです。


ドイツやフランス、イタリアなどでは、背負うことも手で持つこともできるスタイルの通学かばん。

この形は、主にヨーロッパ諸国で普及しており、それぞれの国ごとに大きさ、色、素材に特徴があります。


また、決まった形の通学かばんがないという国も多く、アメリカやカナダでは教科書は学校においてあり普段は持ち歩かないので、当然のことながら通学かばんという物はありません。手ぶらで登校という場合も多いとか。

 

メキシコでは、教科書をはだかのまま手に持って通学するのが一般的なスタイルだそうです。

 

世界中を見渡しても、日本の様な背負式の通学かばんはそれほど多くなく、しかも、6年間使用しても壊れない丈夫さや機能性から言っても、ランドセルは日本独自の発展を遂げたかばん文化と言えますよね。

“大人”のランドセル

そして今、日本のランドセルは、海外で“ファッションアイテム”として注目されているのだそうです。

きっかけを作ったのはハリウッドの若手女優ズーイー・デシャネル。

アメリカを始め、世界各国の20〜30代女性のファッションリーダーとして注目されている

彼女が、赤いランドセルを背負ってニューヨークの街を闊歩する姿をパパラッチに撮影され世界に配信されたからです。

この写真が若者の間で話題となり、ランドセルは“ファッションアイテム”として認知され、その人気はアメリカだけではなく、ロンドン、パリといったヨーロッパの各国、ロシアなどにも及び、実際に愛用する人たちが急増しているそうです。

パリではランドセルのファッションショーまで開催されているのだとか。

 

また、若者だけでなく、国内外のビジネスマンの間で話題になっているこんなランドセルもあります。

それは、「土屋鞄製造所」が手掛ける“OTONA RANDSEL(大人ランドセル)”

土屋鞄製造所は、1965年創業の老舗ランドセル工房。

これまで培ってきたランドセルづくりの技術を活かし、創業50年の節目である2015年に、OTONA RANDSELを発売すると、SNSやメディアで話題となり数時間で完売。

再販の声に応え、2016年にも販売されましたが、いずれも即日完売が続く大人気商品です。


  • 背負い心地がいい。
  • 手を塞がない便利さ。
  • 荷物や書類を美しく運べる箱型。
  • 長年使い続けられる頑丈さ。

ランドセルには日本の職人が進化させてきたさまざまな利点が詰まっており、その機能美

を大人の方にも味わって欲しいと考え、スマートで大人にふさわしい仕事かばんとしてのランドセルを手掛けたそうです。

価格は10万円(税込み)、30代以上の男性に特に人気があるそうで、2017年も、2月25日から予約を開始しましたが既に完売。

次回は4月中に予約受付ができるよう準備中との事、手に入れたい方は、次回の販売に期待しましょう!

ランドセルは海を越えて

日本のランドセルが、海外で人気となった理由。

それは、お洒落なデザインも増え、ファッションアイテムとしても魅力があること。

そして、一番の理由は、日本製ならではの品質の良さと機能性の高さなのでしょう。

 

他にも、自分たちが普段当たり前に使っている物が、実は海外では大変評価が高く、人気になっている。

その根底には、日本独自の高い技術力がある事を誇らしく感じます。

SNS文化が浸透している現在は、いつでもどこでも何かのきっかけがあれば世界中にブームが広がります。

今後、どんな以外な商品が注目されるか楽しみですね。

 

因みに、2017年は、明治20(1887)年にランドセルの歴史がスタートしてから130年になるという事で、一般社団法人・ランドセル工業会が、『ランドセル130年史』という本を制作しています。

国内のランドセルブランド、それぞれの逸品を紹介しているページなどもありますので、ご興味のある方はこちらからどうぞ。

 

また、小学校6年間の役目を終えたランドセルには、新たにこんな活躍の場があるのをご存じですか?

『ランドセルは海を越えて』キャンペーン” 

 

使用済みランドセルに、ノート、えんぴつ、クレヨン等の文具を詰め、世界でもっとも物資が不足している国のひとつであるアフガニスタンの子どもたちにプレゼントする活動です。

2004年からスタートしたキャンペーンは14年目迎え、昨年までに10万個以上の使用済みランドセルが海を越え、アフガニスタンの子供たちを見守り続けているそうです。

今年も、1月9日~予定応募総数に達するまでランドセルを募集していますので、眠っているランドセルがあれば、活動に参加してみてはいかがでしょうか。

 

いがらし