【この日、なんの日?】1月25日

1/25は『日本最低気温の日』

こんにちは。

BONDs編集部のいがらしです。

「この日、なんの日?」では、365日全ての日にある記念日の中で、あまり知られていない記念日にまつわる情報を色々な角度からご紹介しています。

 

今回ご紹介する記念日は、1月25日。

『日本最低気温の日』です。

 

1902年(明治35年)1月25日、北海道の上川測候所(現在の旭川地方気象台)で日本における最低気温の記録である氷点下41℃を観測したことに由来しているそうです。

これは、富士山頂での最低気温記録(昭和56年2月27日に観測)氷点下38.0℃よりも低い温度となっています。

 

因みに、気象庁の公式記録の対象からは外れていた為公式記録とはなっていませんが、観測所の記録まで含めると、昭和6年(1931年)1月27日に、北海道上川支庁の美深(びふか)で観測された氷点下41.5℃が事実上の国内最低記録となるそうです。

温暖化の昨今、今後この記録が更新される事はないかもしれませんね。

 

また、この1月25日はこんな記念日でもあります。

『ホットケーキの日』・『中華まんの日』

おわかりですか?

日本最低気温の日に絡め、寒い日には、それぞれホットケーキと中華まんを食べて暖まってもらおうと制定されたそうです。

 

という訳で!?

突然ですが、今回は記念日シリーズの“番外編”としてこちらの企画をお届けします。

 

題して!

「寒い冬、レジ横のホカホカなケースに入っているちょっと気になる中華まん。種類がいっぱいで何を買おうか迷ってしまう…。

そんなあなたに、BONDs編集部が贈る、この冬食べたいコンビニの一押し中華まん勝手にランキング~!」

 

大手コンビニでそれそれ販売している数多くの中華まんの中から、ちょっと気になるお惣菜系の中華まん12種類をピックアップし、BONDs編集部5人それぞれが全ての中華まんを試食。

以下の4項目ごとに1~5点で評価。

  1. ボリューム
  2. 癖になる度
  3. コストパフォーマンス

中華まん1つに対し1人20ポイントが満点、5人合わせて100点を最高点とし勝手にランキングを付けてしまいました。

 

なぜこれを選んだんだ?

あの中華まんが入ってないじゃないか!

等々、ご意見があるかもしれませんが、会社の近くにあるコンビニに絞って、あまりメジャーではない物を中心にという基準で選択していますので、今回はご容赦ください。

商品ラインナップ

始めに、ピックアップした12種類の中華まんはこちら。

  • セブンイレブン:もちもち特製豚まん
  • セブンイレブン:もちもちジューシー肉まん
  • ナチュラルローソン:グリーンカレーまん
  • ナチュラルローソン:台湾風胡椒肉まん
  • ナチュラルローソン:タイ風シュリンプまん
  • ローソン:欧風カレーまん
  • ローソン:海鮮明太チーズまん
  • ローソン:釜焼チャーシューまん
  • ファミリーマート:豚マヨまん
  • ファミリーマート:牛カルビまん
  • ファミリーマート:月島もんじゃまん
  • ファミリーマート:チーズカレーまん

 

尚、今回のランキングについて、各評価項目の平均値は以下となっています。

 

 

  1. 味 18.3点
  2. ボリューム 18.3点
  3. 癖になる度 15.9点
  4. コストパフォーマンス 16.5点

各中華まんの写真は、試食の際に編集部で撮影したものです。

断面があまり綺麗に撮れていないものもあるかもしれませんが、大目に見て頂ければと思います。

 

それでは早速、12位からランキングの発表です!!

12位

総合点 43点

タイ風シュリンプまん(ナチュラルローソン ¥178)



パクチー入りの生地に、ごろっとしたエビが入った中華まん。

最近人気のパクチーを取り入れ、味も香りもエスニック感は相当に出ていますが、癖の強さがマイナスとなり、残念ながら最下位という結果に。

<メンバーの一言>

・パクチー好きにはいいかもしれないが、個性的すぎて、好き嫌いがはっきり分かれる。

・具としてエビとパクチーのバランスが良くない。

11位

総合点 46点

月島もんじゃまん(ファミリーマート ¥130)



月島もんじゃ焼きで人気の「明太もちチーズ」を再現した中華まん。

たっぷりキャベツとソース、明太子、チーズ、そしてお餅。

もんじゃその物ですが、中華まんの具としては低評価でした。

<メンバーの一言>

・ねっとり感が強く、駄菓子っぽい味。

・具の中にベビースターが入っている所にこだわりを感じるが、ソース感が弱く、もんじゃ感も今一つ。

10位

総合点 61点

豚マヨまん(ファミリーマート ¥130)



醤油ベースの和風たれで味付けした豚肉にマヨネーズを合わせた中華まん。

具材は大きく食感を楽しめる商品ですが、マヨネーズの味付けに評価が分かれました。

<メンバーの一言>

・マヨネーズ感はあまりしない。

・和風たれの豚の味が薄く、後味が良くない。

8位

総合点65点で2つの商品が並びました。

 

チーズカレーまん(ファミリーマート ¥130)



具材の量を増やし、コクのある欧風タイプのカレーとチーズの味がしっかり感じられるように仕上げたカレーまん。

安心感のある王道の味ですが、特徴があまりなく評価は伸びませんでした。

<メンバーの一言>

・皮が薄くて食べやすい。

・適度な辛さもあり、まろやかなカレー。

・想像通りの味。

海鮮明太チーズまん(ローソン ¥220)



海鮮(明太子・エビ・イカ・イタヤ貝)と、チーズが入った中華まん。

海鮮系が好きという方には強くお勧めできる商品ですが、苦手な人にとっては、香り・味共にかなりの特徴があり評価が分かれました。

<メンバーの一言>

・海鮮の味と香りはすごく感じるが、食べていて具が何なのか判別ができない。

・チーズかまぼこの味がする。

7位

総合点 72点

牛カルビまん(ファミリーマート ¥150)



熟成発酵生地を使用し、甘めに味付けした牛カルビを包んだ中華まん。

牛カルビの甘目の味付けは好評。アツアツの内に食べれば薄い皮とのバランスも良く美味しいが、少し冷めるとカルビの脂部分が口に残ると評価が伸びませんでした。

<メンバーの一言>

・甘めのカルビは美味しい。

・ドロっと感が強い。

・もう少し、具が多い方が嬉しい。

6位

総合点 74点

台湾風胡椒肉まん(ナチュラルローソン ¥280)



台湾屋台の代表的な食べ物「胡椒餅」をアレンジした中華まん。

角切りにした豚肉とねぎをあわせた具を包んで焼いています。

味も香りもボリューム感もバランス良く、香辛料の効いた本格的な味。

編集部内でも評価が高く、味としては、1、2位を争うほどでしたが、¥280という値段がネックに。コストパフォーマンスの部分で評価を下げ、総合では6位という結果に。

<メンバーの一言>

・肉に味が染みている。

・見た目もボリューム感があり、皮自体も美味しい。

・アクセントにピリっと効いた胡椒のバランスが良く、本格的な中華の味。

5位

総合点 76点

もちもち特製豚まん(セブンイレブン ¥180)



粗挽きの豚肉と大き目の野菜が特徴のジューシーな中華まん。

モコモコとした皮も特徴的で、「豚まん」と入った焼き印にもこだわりを感じます。

少し脂身が多い気もしますが、もちもちした皮に肉汁が染みていて美味しく、一つでかなりの満足感が得られそう。反面、分厚い皮には評価が分かれました。

<メンバーの一言>

・中華街の豚まんっぽくて、テンションが上がる!

・具が大きくて、食べごたえ有り。

・皮はもちもちしているが、厚すぎて具とのバランスが残念。

4位

総合点 77点

グリーンカレーまん(ナチュラルローソン ¥140)



ココナッツミルクの甘い香りと、青唐辛子の辛さが特徴的なカレーまん。

個性の強いこの商品が上位に来るのは意外な感じもしますが、名前に違わず、本格的なグリーンカレーの味がします。

辛さと香りのバランスが丁度良く、癖になる味と好評でした。

<メンバーの一言>

・ココナッツが効いていて、香りが本格的。

・辛い物好きにはたまらない。

・大人向けの中華まん。

一気にランキング12位~4位までをお届けしました。

ここで少し、口直しに『中華まん』の歴史をご紹介します。

 

大富豪の軽食!?

中華まんの原形とされているのは、中国の大富豪の娘であった李包子(リ・パオズ Lĭ Bāozĭ)が趣味である麻雀に興じていたとき、昼食用に、対局しながらでも食べられるよう、小麦粉を練って作った皮にひき肉を詰めて蒸したものを持ってくるよう命じたのが由来とされています。 

以来、中国ではこのときの料理を考案者の名前を取り「包子(パオズ)」と呼んで、手軽な食事やおやつとして愛されるようになりました。(※諸説あるそうです) 

天下一品・支那饅頭

日本では、和菓子やパン、そしてインドカレー発祥の店としても有名な「中村屋」が中華まん(肉まん)を販売した事で一般に広まったとされています。

きっかけは、創業者夫妻が1925(大正14)年に中国を訪れた際、「包子(パオズ)」と出会った事だったとか。

当時中国で食べた包子は、油っぽくしつこい味付けで、日本人の口には合わなかったそう。

しかし、包子を日本人好みの味に仕立て直せば売れると確信した夫妻は、帰国後、改良にとりかかります。

試行錯誤の末、1927(昭和2)年、生地にも拘りあっさり味にアレンジした日本版の包子「肉まん」が完成。

『天下一品・支那饅頭』という名称で販売が開始されました。

 

これをきっかけに、それまでごく一部の中華料理店でしか食べることのできなかった肉まんが、身近な食べ物として親しまれるようになったそうです。

当時から既に、新宿本店の店頭にせいろを置き、もくもくと湯気を上げながら蒸した肉まんを販売していたそうで、現在にも続くこの光景は当時から人目を引き、寒い日には特に食欲をそそられた事と思います。

それでは本題に戻りまして、ここからトップ3の発表です!

 

3位

総合点79点

もちもちジューシー肉まん(セブンイレブン ¥120)



今シーズンから豚肉の比率を上げ、シイタケを増量し、より素材の旨みが引き立てられるように改良された肉まん。

同じくセブンイレブンから販売されている、ランキング5位のもちもち特製豚まんよりは一回り小さい大きさ。

「スタンダード」という言葉がぴったりの肉まんで、少し濃いめな味付けも、大き目のたけのこがアクセントになりしつこくなく、全ての項目がバランス良く高評価でした。

<メンバーの一言>

・ジューシー感は薄いが、王道の安定感のある味。

・平均的な味で気軽に食べられる。

・コストパフォーマンスが良い。

2位

総合点80点

欧風カレーまん(ローソン ¥120)



長時間煮込んで抽出したチキンブイヨンをベースとして14種類のカレースパイスで味付けをしたこだわりの味のカレーまん。

インパクトには少し欠けますが、程よい辛さとスパイス感、コク、そして甘味。

バランス良くまとまっていて高評価でした。

しつこくないので、また食べたいと思わせるカレーまんです。

<メンバーの一言>

・甘味のある優しいカレーの味。

・パンチが足りないが、皮はふわふわしていて美味しい。

・値段の割にクオリティが高い。

それでは、いよいよラストです。

今回の勝手にランキング、12種類の中華まんの頂点に輝いたのはこちら!

 

1位

総合点89点

釜焼チャーシューまん(ローソン ¥160)



チャーシュー釜を使用して遠赤外線でじっくりとジューシーに焼いた香ばしいチャーシューをもっちりした生地で包んだ中華まん。

食べた瞬間、メンバーから「美味しい~っ」という声が上がった釜焼チャーシューまんが、見事1位に輝きました!

大き目にカットされたチャーシューは柔らかくとても存在感があり、隠し味に“焦がしネギ醤油”が加えられているらしく、香ばしい香りが食欲をそそります。

少し厚めの皮ですが、甘く濃い目の味付けと具材の食感のバランスで飽きる事なく食べられ、満足度の高い中華まんでした!

<メンバーの一言>

・チャーシューの食感がしっかりあって、ボリューミー。

・香ばしい味と香りに、食欲をそそられる。

・甘辛な味付けが後引く美味しさ。リピート確実!

試食を終えて…

という事で、以上が、BONDs編集部が贈る、この冬食べたいコンビニの一押し中華まん勝手にランキングでした。

(※文中商品の価格表記は全て税込金額です。)

 

いかがでしたか?

みなさんがお気に入りの中華まんはランキングに含まれていましたでしょうか?

1位になった中華まんは勿論、このランキングを見て初めて知った商品や、最下位になってしまった商品を“あえて”など、「ちょっと食べてみようかな?」と思っていただければ嬉しいです。

 

寒い冬、時間の無い朝や、外回り営業のちょっとした合間、小腹が空いた時など、手軽に買える温かい中華まんでお腹を満たしてくださいね。

食べてみて、ランキングに納得できない!というご意見がありましたら、遠慮なくBONDs編集部までお寄せください。また、エリア限定販売の商品も多数ありますので、こんな中華まんが美味しかったよ!などの情報もお待ちしております。

 

今後も、こういった試食ランキング企画は、“番外編”として続けて行きたいと思っています。

次の試食商品はまだ決まっていませんが、これを食べ比べて欲しいというご意見がありましたら、ぜひ編集部までご連絡を!

 

最後に。

買い出しの際、コンビニF担当だった編集部O君。

4種類も購入したので、マネージャーらしき方に「食べ比べをするんですよ~」と話したところ、是非結果を教えて下さいと笑顔で言われたそうです。

今回のランキング、全体的にコンビニF商品の評価が低く、結果を報告出来ないと嘆いておりました。

今回は、たまたま選んだ商品が良くなかったという事で。

これ以外の中華まんはきっと、上位になるはず!?です…。

 

いがらし