【この日、なんの日?】12月24日

12/24は、「学校給食記念日」

こんにちは。

BONDs編集部のいがらしです。

 

1年365日全ての日にある「記念日」の中で、あまり知られていない記念日にまつわる情報を、色々な角度からご紹介するこのシリーズ。

今回は、こちらの記念日のお話です。

 

*

 

*

 第1位「揚げパン」(53.9%)
 第2位「カレーライス」(52.3%)
 第3位「ソフト麺」(47.1%)
 第4位「炊き込みご飯」(27.6%)
 第5位「わかめご飯」(26.2%)

 

これ、何のランキングだか分かりますか??

懐かしぃ~っとすぐに分かったあなた!

そうです。

これは、『親世代の給食人気メニューランキング』

生活協同組合パルシステムが小学校に通う子どもをもつ30~49歳のお母さん1000人に行った『給食に関する調査※』の結果です。※「パルシステム生活協同組合連合会調べ」調査時期:2012年9月 

12/24は、「学校給食記念日」

1946年(昭和21年)12月24日に、連合国軍最高司令官総司令部、米国のLARA(ララ/Licensed Agencies for Relief in Asia:アジア救済公認団体)、日本政府立会いの下、東京都千代田区立永田町小学校で給食用物資の贈呈式を行ったことにちなみ、文部省によって定められた記念日です。

 

日本の学校給食は、明治22年、山形県鶴岡町の私立忠愛小学校で貧困児童を対象に無料で学校給食を実施した事が起源と言われ、その後各地に広まって行きましたが、戦争の影響により中断されていました。

 

~おにぎり、塩鮭、菜の漬物~ 

明治22年当時の給食メニュー再現

全国学校給食連合会より

戦後、児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める声が高まるようになり、昭和21年にLARA(ララ団体)からの給食用物資の寄贈を受けて、東京都、神奈川県、千葉県の3都県において試験的に学校給食が始められ、翌年、全国都市の児童約300万人に対し、本格的に学校給食を再開したそうです。

 さて、先ほどの親世代給食人気メニューランキングに対して、今の小学生たちに人気のメニューはと言うと…。(※パルシステム:給食に関する調査より)

 

 第1位「鶏のから揚げ」(74.3%)

 第2位「ハンバーグ」(71.6%)

 第3位「カレーライス」(67.3%)

 第4位「オムライス」(57.4%)

 第5位「スパゲティ」(56%)

見事に洋食がランキングを独占しています。

 

因みに、不人気のメニューはこちら。

 第1位「魚の塩焼き」(22.7%)

 第2位「雑煮」(18.8%)
 第3位「ビビンパ」(15.8%)
 第4位「クラムチャウダー」(15.4%)
 第4位「きんぴらごぼう」(15.4%)

 

全体的に和食が不人気の様ですが、最近では好き嫌いを理由とする食べ残しについて「残さず食べるように」ではなく、「少しずつでも食べられるように促す」という指導が主流の様です。

 

その結果かどうかはわかりませんが、給食の過程で出る残飯が問題にもなっており、食べ残しの削減を目的とした調理方法の改善やメニューの工夫など食品ロス削減への取組が必要であると提言されています。

地域によっては、米飯の量を大・中・小の3サイズから選べるという学校もあるようですが、これ以外にも、アレルギー食品への対策、宗教的理由への配慮、給食費の未納によるトラブルなど様々な問題があるのが実情です。

 

そんな学校給食の現場に、シェフの視点から一石を投じたいと、テレビや雑誌でもお馴染みの一流シェフたちが集まり、2007年から新たな食育プロジェクトが開始されています。

スーパー給食!

日本中のシェフたちの力を結束し、“日本のシェフの力”で日本の食文化を元気にする!というコンセプトの元、ジャンルを超えて様々なシェフ達が集まり超人シェフ倶楽部」という団体を設立。

参加しているシェフ達が、学校給食の現場で働く栄養士や調理師とともに、メニュー作成から実際の調理にも携わり、新しいスタイルの給食レシピを提案する食育プロジェクト、それが『スーパー給食』です。

 

<スーパー給食メニューの一例>

※メニュー写真:超人シェフ倶楽部HPより  

■三重県伊賀市立中瀬小学校

【参加シェフ】

 京都 ネーゼ 森 博史 オーナーシェフ

【給食メニュー】 

 ・ご飯 
 ・鶏もも肉の豆乳グラタン 香草パン粉 
 ・ブロッコリーとしらすのトマトソースパスタ 
 ・赤オレンジのゼリー すなみ柿と共に 
 ・牛乳


■福島県本宮市白沢中学校

【参加シェフ】

 タベルナ アイ 今井 寿 オーナーシェフ

 ラ・ロシェル山王 川島 孝 料理長

【給食メニュー】 

 ・米粉パン 

 ・ブーレバスケーズ 

 ・ミネストローネ

 ・お米とオレンジのケーキ 

 ・牛乳


■秋田県大潟村立大潟小学校

【参加シェフ】

 中国料理 美虎 五十嵐 美幸 オーナーシェフ

【給食メニュー】 

 ・大根にんにくご飯

 ・鶏肉のカシューナッツ炒め

 ・米粉のマカロニを浮かべた

        小松菜ポタージュスープ

 ・小松菜の茎のピーナツ和え

 ・ミルクプリン

 ・牛乳

 

超人シェフが直接学校に訪れ、各学校の地元の産物や、生徒が残しがちな食材を取り入れたシェフ考案のメニューを、給食調理員の方と一緒に調理。

 

地場野菜など地域の食材も積極的に取り入れる事で、スーパー給食をきっかけに、学校が地元農家から野菜を仕入れるようになったり、生産者と子供たちが顔見知りになって交流が生まれるなど、地域の活性化にも役立っているようです。

 

また、「超人シェフ倶楽部」では、「おとなの食育プロジェクト」と題し、企業の社員食堂でシェフが腕を振るい、働く世代(子を育てる親世代)を対象とした食育活動も行っています。

今まで実際に活動を行った企業は、日本マイクロソフトやTOTO、ソニー、日産自動車など14社程。

 

プロジェクトで提供したメニューは、シェフ直伝レシピとして作り方のワンポイントアドバイスを記載したカードや、QRコードを用いて配信され、家庭の食卓で再現できる仕組み作りも。

「社食」というフィールドではありますが、企業PRの一つとして、食育プロジェクトをイベントとして開催するなどという提案も面白いかもしれません。

ズワイガニ1杯!?

今回のテーマ「給食」について、BONDs編集部でのミーティングの際、年代によるギャップはもちろんの事、同時に、育った“地域”特有の給食エピソード話で盛り上がりました。

 

岐阜県出身のメンバー。

“美濃焼”の産地であるこの地域では、給食の食器が全て美濃焼の陶器製だったそうです。

給食の食器と言えば、アルミ製やプラスチック製の食器に先割れスプーンが定番だった記憶がありますが、陶器製の食器を想像すると、美味しそうに感じるし暖かみがあっていいですよね。

実際は、割れやすいし、とても重く、当番になると持ち運ぶのが大変だったとの事ですが…。

 

また、長崎出身のメンバーは“長崎皿うどん”が給食の人気メニュー、福岡出身のメンバーは“筑前煮”がよく出ていた事が印象に残っているそうです。

この様に、地元の名物料理や特産品が出てくる給食は「ご当地給食」などと呼ばれ、各地でバラエティ豊かなメニューがたくさん登場しています。

 

その一例をご紹介。

熊本県は、熊本名産の馬肉を入れたカレー風味のコロッケ、熊本市の小・中学生が発案したメニューだそうです。

鳥取県岩美町はズワイガニの漁獲量が全国一位。

その為、ズワイガニが生徒一人に1杯ずつ出されるのだとか。

三重県津市の、津ぎょうざ(大きい揚げぎょうざ)は、給食メニューとして開発され大人気になり、今では地元のB級グルメとして全国にアピールしているそうです。

みかんやポンジュースで有名な愛媛県では、一部の地域でポンジュースで炊いたごはんが給食に出るそう。

 

みなさんが、当時普通だと思っていたそのメニュー、実は、その地域でしか味わえない”ご当地メニュー”だったかもしれませんよ?

昔ばなしをおかずに…。

そろそろ、昔の記憶がよみがえって、“あの味”が恋しくなってきたのでは?

これからご紹介するこちらの商品で、懐かしさに浸ってみては如何でしょうか。

 

■あげぱん

親世代の人気メニューランキングでも堂々の1位だった「あげぱん」

昭和27年、東京都大田区鵜の木の嶺町小学校で調理士をしていた篠原常吉さんが、固くなってしまったパンを美味しく食べられるように、油で揚げて砂糖をまぶし、病気で学校を休んだ児童に届けさせた事に始まり、後に給食メニューに加えられたといわれています。

そんな発祥の地にある、あげぱん専門店がこちら。

 

東京あげパン

基本のあげパン4種類、クリーム入りが常時12種類あり

地元のイベントなどでは、2,000本のあげぱんがたった2時間で完売するという人気のお店。

こちらのサイトからお取り寄せも可能です。

東京あげパンHPより  

■ソフト麺

主に東日本エリアの学校で採用されていたらしく、西日本エリアや北海道では存在自体を知らないという方も多い様なのですが…。

 

そもそもソフト麺とは、ビニールの袋に入った、あらかじめ煮てある太い小麦麺で「ソフトスパゲッティー式麺」というのが正式名称。

昭和40年、ビタミンを強化した強力粉を使用し、伸びづらく消化がよい麺として東京都の給食に初めて採用されたそうです。

現在、市販品としては、東洋水産からこちらの商品が販売されています。

給食大好き!ソフトめん

東洋水産HPより  

 

さらに、もっと思い出のあの頃に戻りたい!という方にはこちらのお店をご紹介。

 

■居酒屋【給食当番

御徒町にある、給食メニューを再現した居酒屋です。

教室風のパーティールームでも食事が可能で、黒板、ランドセル、ピアニカ、習字と再現された小道具に懐かしさいっぱいになりそうですね。

個室居酒屋6年4組

こちらも、学校のシュチュエーションを再現した居酒屋。

全国に、 8店舗 (大阪3店舗、東京3店舗、福岡1店舗、京都1店舗)あります。

 

校長室、音楽室、理科室、保健室までも再現、日替わりでテストなども開催されるとか。

懐かしいメニューは勿論、ユニークなメニューも多く、多彩な演出の数々に生徒気分を楽しめそうです。

いかがですか?

この時期、いつもとはちょっと雰囲気の違うお店で、忘年会や新年会を開催してみては。

昔ばなしをおかずに、一層盛り上がるのではないでしょうか。

 

給食と言いつつも、そこは“大人”の給食。

お酒も、もちろん用意されていますのでご安心を…。

 

いがらし