【少し専門的なWeb知識】HPに施すべき 「SEO対策」って何だろう?(前編)

こんにちは、BONDs編集部で、Webユニットの小畑です。

 

ホームページ(以下HP)を検討する機会のあるアカウントやデザイナーの方に向けた、少し専門的なWeb知識です。

 

皆さんが様々なキャンペーンのプロモーションを担当されている中で、HPを用意しないキャンペーンはほぼ皆無ではないでしょうか。そんな中、用意したHPを探しているユーザがGoogle・Yahoo!などの検索エンジンで検索した際に、きちんと検索結果で表示させる事は重要な施策となります。そんなHPに施すべき検索エンジン対策を簡単ながら解説させて頂きます。

そもそも「SEO対策」って、どういう意味?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

つまり、GoogleやYahoo!などの検索エンジン(検索サイト)で、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策の事を言います。

検索エンジンの仕組み

SEO対策の具体的な方法の前に、検索エンジンについて理解しましょう。

Googleは世界中の情報をクローラーというプログラムで収集し、検索して取り出しやすいようにインデックス(索引)化し、検索キーワードが送信された際にその言葉の意味や検索の意図を理解し、ランキングアルゴリズム(≒ランキング算出ロジック)に基づき検索結果に表示する順序を決めて、それを検索結果に表示します。ここで表示された検索結果が検索ユーザにとって都合の良いものであればあるほどツールとしての利用価値は高いと言えますし、利用ユーザ数の獲得や利用頻度の向上に繋がります。※ちなみにYahoo!はGoogleの検索エンジンを利用していますので、Googleの検索エンジンを理解し対策する事が、すなわちYahoo!の検索エンジン対策にもなります。

 

また、GoogleはAdWordsという広告プラットフォームを広告主に公開し、検索キーワードと関連性の高い広告を検索結果に表示できる仕組みを持っています。この広告がクリックされた時点で、Googleには広告収益が発生します。従って、シンプルに言えば、検索ツールの利用者数や利用頻度が増えれば、総合的に検索結果に広告が表示される回数や広告クリック数が増え、結果としてGoogleの収益も増える、と言えます。

 

なので、Googleが検索ツールとしての収益を高めるためには、まず基本的な取り組みとして検索ツールの利用価値を高める、つまり「検索した人が見たい情報にすぐに辿りつける検索ツール」にするような取り組みが継続的に必要になりますし、検索結果の固定化を防ぐためにも、アルゴリズムを定期的に改変されており、完全に非公開となっています。こうした背景から、SEO対策の実施においては、「完璧な対策」というものが講じられなくなっています。SEO対策を本格的に実施する企業などは、多額のお金をかけて検索サイトの動向を調査していますが、検索サイト側によるアルゴリズムの変更とイタチごっこの様相を呈しています。そのため、SEO対策の本格的な実施は、一般的にはそれなりの手間と金銭的コストが掛かるものとされています。

お金が掛からない、最低限のSEO対策

とは言え、「お金は掛けたくないけど最低限の事はやっておきたい。」という皆さんのために、特にお金は掛からないけど効果が見込めると言われている、‘これだけはやっておきたい’SEO対策を紹介します。 ※検索エンジンのアルゴリズムは改定され、効果が見込めない場合も有り得ますので、その際はご容赦ください。

『Google Search Console(サーチコンソール)』を活用する

Googleがサイト運営者向けに提供している無料のツールで、色々なお役立ち機能がありますが、最低限、この2つだけでも利用を推奨いたします。

  

まずは、サイトを登録しましょう。

Google Search Consoleを使うためには、まずはウェブサイトを登録する必要があります。Google Search Consoleにログインし、サイトURLを入力し「プロパティを追加」をクリック。

Google Search Console
  1. Googleに正しくインデックスしてもらう。
    サイトマップ(サイトのページ一覧)の送信を行います。ここでのサイトマップとは、「sitemap.xml」ファイルのこと。ウェブサイトによくある、ページ一覧とは異なります。サイトマップを送信しておくと、Googleに正しいインデックスをしてもらったり、インデックス化を促進することもできます。
  2. Google Search Consoleのイチ機能『Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)』を使って、早くサイトをクロールしてもらう。
    Googleのクローラーは、こちらの意志とは関係なく、Googleの好きなタイミングで自由にサイト全体をクロールしています。そんなフリーダムなGoogleのクローラーさんを「好きなときに呼び出し」て「どんな感じで見えているのか確認」できる。そんな機能です。

この2つの機能を例えてみると、自分が恋愛小説サイトのHP運営者で、第1章と2章まで完成している状態とします。

 

第1章の出会い編では3つの小節を作りました。

<第1節>果穂は朝遅刻しそうになって慌ててトーストをかじりながら家を出ると、曲がり角で同じ年くらいの男の子、陸にぶつかりこけてしまう、そんな最悪の出会いの朝。

<第2節>朝ぶつかった男の子は実は転校生で隣の席に。第1印象が悪いため距離が縮まらない2人。そんな中、風邪をひいてしまう果穂。

<第3節>陸は、学校で配られたプリントを持って行くように先生に頼まれて果穂の自宅に訪問してくる。その時、両親が仕事で外出中。食事など介抱してくれる陸に心を開き、たくさんの話もし、距離が縮まる2人。ここまでが第1章。

 

第2章の別れ編も、3つの小節。

<第1節>果穂がお見舞いの御礼を申し出ると、街を案内して欲しいという陸。土曜にデート。ちょうど今日は夏祭りの日。果穂の浴衣姿、目を奪われる陸。路面にはたくさんの出店が立ち並び、賑わう人の列。そして、人混みでお互いを見失いそうになる2人。果穂もまた、陸との時間を大切に感じ始めていたが、見失いたくない、離れたくないという想いが陸への想いを増幅。2人は恋を自覚。ほどなく交際がスタート。

<第2節>恋を育む2人。しかし陸には秘密があった。時折、沈んだ表情を見せる陸。気になり質問をする果穂に「大丈夫、何でもないよ。」とはぐらかす陸。

<第3節>そんな中、陸が突然の転校。果穂は結局、陸が抱えた秘密を知る事も出来ないまま、突然の別れ、遠距離となった2人。陸からの連絡が滞りがちになり、いつしか疎遠となり自然消滅の状態。そして果穂は卒業、大学生となり上京。ここまでが第2章。

 

ちなみに検索エンジンにHP構成を伝える『タグ』を記述する際は、1・2章を『h1タグ』、1・2・3節を『h2~h4タグ』と記述するのですが、これは次回の後編で詳細後述します。

少し脱線しましたが、まずは、サイト自体をGoogle Search Consoleを使って登録し、また第1章・第2章のサイトマップ(サイトのページ一覧)を送信するとともに、Fetch as GoogleでGoogleクローラーにインデックスのリクエスト(呼び出しを掛ける)を行う事で、サイトの存在と内容を更新した事に気づいてもらい、早くインデックスしてもらえます。その後、第3章のそれぞれの道編が完成したら、また更新したサイトマップの送信とFetch as GoogleでGoogleクローラーにインデックスのリクエストを行い、また早く気づかせて第3章の内容も早期にインデックスしてもらえることが可能です。

インデックスのリクエスト

まとめ

今回の解説は、ここまでとさせて頂きます。

Googleがサイト運営者向けに提供している無料のツール『Google Search Console』を活用した無料の施策でした。

 

次回の後編では、HPの内部に施すSEO対策内容を解説したいと思います。興味を持って頂いた方は、ぜひ後編もご覧頂けますと幸いです。

 

小畑

次回の記事はコチラ