【実は間違っている!?シリーズ】「下さい」と「ください」の話

こんにちは。
BONDs編集部のながたです。
昔、外国人に日本語を教えたくて日本語教師を目指していました。
そんな私がお届けする「実は間違って使っている!?日本語」を紹介します。

今回は、普段当たり前のように使っている「クダサイ」。
声に出してしまえばただの「クダサイ」ですが、文章にしたとき「下さい」か「ください」どちらで書こうか迷ったことはありませんか。

下さい?ください?

実は、漢字の「下さい」とひらがなの「ください」には、明確な違いと使い分けがあるのです。

 

1.漢字を使う場合
「飲み物をクダさい」といった実質動詞(「くれ」の尊敬・丁寧表現)の場合は、「下さい」と漢字書きにします。


2.仮名書きにする場合
 「お飲みクダさい」といった補助動詞(何かをお願いするときや、敬意を表す尊敬・丁寧表現)の場合は、「ください」と仮名書きにします。

 

つまり…
≪漢字≫~下さい=「モノ」を要求する場合に使用します。
英語でいうところの“Give”です。

≪ひらがな≫~ください=「言語」を要求する場合に使用します。
英語でいうところの“Please”です。

例えば、
≪下さい≫
 ・手紙を下さい。
 ・飲み物を下さい。

≪ください≫

 ・手紙を出してください。
 ・お飲みください。

ということになります。理解できましたか。

クダサイの歴史

ちなみに、この「下さい」と「ください」についての歴史は、昭和28年に「ください」は、全部ひらがなで書くように、という基準を文部省(当時)が出しました。その当時は「全部ひらがな」が正しかったのです。でも、昭和48年に「give」=「下さい」(漢字)、「please」=「ください」(ひらがな)という基準が定められました。

クダサイだけじゃない!?漢字とひらがなの使い分け

そして、漢字とひらがなの使い分けがあるのは「クダサイ」だけではありません。
ここで、ビジネスメールで使用頻度の高い「イタダク」と「イタス」についても紹介します。

結論から言うと、どちらも「クダサイ」と同じで「動詞の場合は漢字、補助動詞の場合はひらがな」で書きます。

例えば「頂く」と漢字で書く場合は、「貰う」「食う」「飲む」などの意味の動詞の謙譲語になり、“お土産を頂く”となります。また、「いただく」とひらがなで書く場合は補助動詞となり、“確認いただけますか”のようになります。

同様に「致す」は動詞で、“そのことがもとで、よくない結果を引き起こす”という意味が含まれます。テレビなどで耳にする“不徳の致すところです”ですね。
そして、「いたす」とひらがなで書く場合は、補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語となり、“お願いいたします”となります。
つまり、「よろしくお願い致します」より「よろしくお願いいたします」の方が正しい用法といえます。

意識して使い分けてみてはいかがですか?

ここまでいろいろ説明しましたが、実はこれは「公用文章における基準」なのです。
つまり、公用文章ではない私たちのメールや手紙に、本来と異なる「クダサイ」を使用したとしても頭ごなしに否定することは避けた方がいいでしょう。

しかし、ビジネスでメールを多用する方にとっては、覚えておくと役立つ機会があるかもしれません。
せっかくなら意識をして「下さい」と「ください」を使い分けてみてはいかがでしょうか。

ながた