【実は間違っている!?シリーズ】「~させていただきます」の話

させていただきます

こんにちは。

BONDs編集部のながたです。

昔、外国人に日本語を教えたくて日本語教師を目指していました。

そんな私がお届けする「実は間違って使っている!?日本語」を紹介します。

 

普段、仕事をしている中でよく使う「敬語」。

「正しい敬語を使っている」と自信を持って言える人はどのくらいいるのでしょうか。

私も正直自信はありません。でも、一社会人として、正しい日本語を使いたいものです。

 

そこで今回は、日常の仕事でよく耳にする「~させていただきます」。

こちらについて一緒に考えていきましょう。

そもそも「~させていただきます」の意味って?

「基本的には、自分側が行うことを、
(1)相手側や第三者の許可を受けて行い、
(2)そのことで恩恵を自分が受けるという事実や気持ちのある場合に使われる。」

とのことです。

 

例えば、

・今日は早退させていただきたいのですが。

→「早退したい。許してもらえるとありがたい」という気持ちが込められています。

 

つまり、了解を得る相手がいなかったり、了解を得る必要がない場合に使うのは、適切ではありません。

間違った「~させていただきます」

では、間違った「~させていただきます」とは、どんなものなのでしょうか。

代表的な「させていただきます」を紹介いたします。

 

パターン①

× お送りさせていただきます。

○ お送りいたします。/送らせていただきます。

 

× 報告させていただきます。
○ 報告いたします。

すっきりした文章で話しましょう。

 

 

パターン②

× 経理を担当させていただいています。

○ 経理を担当しております。

 

× 課長をさせていただいています○○です。

○ 課長の○○と申します。

自分の上司であっても、社外の人に対して話すときには、上司を立てて話しません。「させていただく」は、「させてくれる人」を立てる敬語なので、次のような表現をすると、社外の人の前で自分の上司を立ててしまうことになるので気を付けましょう。

 

 

パターン③

× 突然ですが、今日でバイトを辞めさせていただきます。

相手に迷惑をかける行為と「させていただきます」という言葉は合わないので、こちらも間違った表現です。

「よろしいでしょうか」「お願いできますでしょうか」と許可を求める姿勢がほしいところですね。

 

 

パターン④

× 読まさせていただきます。

○ 読ませていただきます。

 

× 休まさせていただきます。

○ 休ませていただきます。

こちらは不要な「さ」が入ったバージョンです。「さ入れ言葉」とも呼ばれています。

 

日常の仕事で、よく耳にする「~させていただきます」。

最近では、「させていただきます症候群」と呼ばれるほどに…。

謙譲を美徳とする日本人に好まれる表現ではありますが、使い方を間違えると「長い・回りくどい・読みにくい」の3拍子で結局何も伝わらない…という事になってしまいます。

では、どうしたらいいの?

全て置き換えることは難しいですが、解消法としては、「いたします」に置き換えることです。

「いたします」は、自分がある行動をとることを単に宣言する表現である「~する」を丁寧に述べた謙譲語です。相手に許可を得る必要がない場面で使用するのに適切です。

回りくどい印象よりも言い切れる人間の方が信頼感もきっと大きいのではないのでしょうか。

正しい日本語を使って、素敵な人間関係を築いていきましょう。

 

ながた